profile

~Miriam Suzuki~ 

ホームページ miriamharp.com

5歳よりピアノ、7歳の時に、ハープに出会う。

当時、数少ないハープ指導者、雨田光示先生が来られ、母親や叔母達みながレッスンを受けるという環境の中で、自然にハープを弾きはじめ、夢中になる。 その後 、家族の引越しを機に、ハープの学びは中断することに。

鍵盤楽器を中心に音楽を続ける中、フィンランドでの学び、イスラエルでの生活を通して、音楽の持つ不思議な力に気づく。同時に、子供の時、大好きだった ハープとの出会いは、心の中に光のように残り続ける。Helsinki Conservatory にて、ピアノをUlla Vuorela氏に師事。 

1983年より、カリフォルニア在住。ロスアンジェルスでの生活の中で、もう一度、クラッシック、ポップス、ケルティックと、ハープの学びを再開する。 映画、エンターテイメント界で活躍 するハーピストに触れ、その表現法を本格的に学び、 あたたかさの中に華やかさを備えた、心に響くスタイルを目指す。各種のイベント、コンサート、晩餐会のスペシャルゲスト、公式セレモニーなどの演奏、また コミュニティーでも積極的に活動。

世界的なエンターテイナー、シャウル & ユリア ベンハル(イスラエル)、グラミー賞受賞アーティスト松山夕貴子 との共演等、ロスアンジェルスを拠点に、日本各地でも演奏を展開。

琴奏者Saeko Kujiraoka とデュオでの演奏では、ハープと琴という、性格の異なった楽器の特徴を生かし、ジャンルを越えて、オリジナルレパートリーを届けている。 

2014年、CD「Harp & Koto Stories」 をリリース。 やわらかく包み込むような澄んだ音色は、音のパレットに2つの楽器で、のびやかに描いたパステル画のような味わいと評される。

2017年、ケルティックハープのソロ CD「Celtic Harp Tapestry」をリリース。  

アメリカハープ協会会員   

オフィシャルサイト