みりあむハープ diary

ホームページ  miriamharp.com


今日は、テレビインタビューのスケジュールのお問い合わせ。


(けっこうローカルの番組だと思います。)


「ライブですので、もう自由に話して下さい」って、おっしゃったので、


「自由っていうのは好きです。 話たいことがいっぱい。」


と、調子にのった私。


「では、一回ではなく、二週連続にしましょう!」って。 (笑)


⇒  墓穴を掘った私


日本から帰ってきて、なんだか、たらり~ん、リラックス、

疲れをとって、その上、好き勝手に気ままに、食べていたせいで、

あっという間に、サイズが。

なんて、簡単にふえるんだ!


ちょっと心配。


「とても上手に撮りますから、心配ありません」


⇒ そんなわけないです。 困りました。




日本から帰って、

毎朝、素晴らしい、小鳥たちの歌声で、目が覚めます。


春は、鳥たちの、歌い方も、気合がはいっているように感じます。


さまざまな鳥が、精一杯、春の歌を歌っていて、

聞きほれながら。


(脱線ですが、夜は、ふくろうさんたちの ほうほうほう♪ というのが、

なんとも言えず、味があるのです。あ~、我が家に帰ってきた~)


5月は、楽しみなことが、つぎつぎあるので、

2,3日は、しっかりと、疲れをとりましたが、


いろいろ、スイッチがはいってきて、

なんだかすでに、わくわくしています。


ハープコンサートの お知らせもあります。


まずは、2つほどは、クローズドの演奏ですが、

5月6日は、オープンです。


ハープをたっぷりお聞きいただけます。


私も、ここで演奏するのは、初めてなので、とても楽しみです!

花吹雪の中を歩いたのは、
30数年ぶりのことでした。


思いもよらず、

ちょうど、河口湖の滞在が、桜の花のタイミングになったのです。

(例年より、早く咲いてくれたおかげです。)


旅立ちの日、

あふれる春の光の中、

さくらの花びらを浴びながら。

その時の写真です。


LAに帰って来ても、

まだ夢のようです。

日本は、素晴らしい国です。
ずっと、ずっと守られ、
この美しい日本が、
続きますように。


今回の旅も、素敵なサプライズがいくつかありました!

そのひとつ、イギリス館ハープコンサートにいらした、

とても素敵な方たち、楽しいひとときをプランして下さっていました。


椿山荘のお庭は、心もくつろぎますね。

新緑の美しいこと!

日本の緑は、やさしいです。

お食事も、ゆったりと、
美味しい。

写真はこれだけで、いただくほうに、専念したようです。 (笑)

デザートには、

こんなシャレた演出。

胸にぐっときます!


こういう心づかいを、さりげなくされるお二人。


時間を忘れるほど、楽しい場で、ほんとうにありがとうございました。


再会を楽しみに。


こんな写真も、撮ってくださっていました。

いい記念。


レトロな魅力のカフェ ド シュロ。

見たとたん、わぁ、大好き!



こんな素敵なステージも用意してくださいました。 

お花も飾ってくださって。  
椅子を詰めて、入りきれないほどの皆様と、共有する思い、

心を込めて演奏する幸せ。

(あふれるほどのいっぱいでした。

心づかいが素晴らしい、カフェのオーナーの笑顔)

椅子を詰めて、入りきれないほどの皆様と、共有する思い、

心を込めて演奏する幸せ。


笑いあふれるひととき。


協さんとのコラボは、2回めとなり、

ますます楽しく、
素敵な方々との出会いに感謝です。

(いつも、駆けつけて来て下さる、

素敵なお二人。 和装がしっくり、あまりにもおしゃれで)


このカフェのレトロ感が、かわいくて、写真は、はじまる前は、撮っていました。



パティシエさんのスイーツは、うっとりするほど。

自家農園素材で、シェフの美味しいお料理!

自家焙煎珈琲。


笑顔のスタッフの方々、

演奏後の皆様と一緒のお食事、最高でした! 


心に残る時間に感謝。


(演奏終われば、写真もすっかり忘れてしまった私です。)


出口音楽院代表の美樹子さん、素敵な笑顔で皆様を迎えて下さり、ありがとうございました。

大変お世話になりました。

春の花が美しい、

横浜イギリス館で、

二回のハープコンサート。

どの回も、


演奏していても、


お話しながらも、


心が一つになるような、


素晴らしい皆さまが、お集いでした。


関西からも、いらっしゃった方々も。


美しい着物姿方たちも。



美味しいティーと、


心のこもったイギリス菓子の数々🍰💚


こんな素敵な場をご用意下さった、

横浜プレミアムライフ協会に、


心から感謝です。


このコンサートが、

今回の旅のはじまりでした。


続きは、これから、つづっていきますね。



3回のコンサートを終え、
東京から、河口湖へ。
その日に、一斉に、
桜が咲いた、タイミングに到着🌸🌿

なんて幸運なのでしょう!
美しい富士山が、どこからも見えます。
光あふれる、日本の春に、
ただただ感動です!


君子欄って、なんだか、ずいぶん、しっかりした名前ですね。

今年も、いっぱい咲きました。 

見るだけで、元気をもらう色。 

英語で、clivias


我が家のあたりは、鹿がいっぱい、遊びに来るので、かわいいのですが、

草花、お花も大好物で、ばくばく食べちゃいます。


(どんな山の中と思われるでしょうけれど、ロスアンジェルス郊外、スタバだって、5分のところにあります。)


この君子欄は、鹿の好みでないらしく、


まわりの家の 春はどこもクンシラン。


この大きな、存在感のある花が美しく、それぞれのフロントヤードを彩っています。


オレンジ系が多い中、このクリームイエロー色は、少数派。


でも清々しい感じです。

よかったね、食べられないで🌿🌿🦌



来月は、日本での春。


桜、今回は、惜しくも、東京近郊は終わっていそうです。


でも、日本でのコンサート、とても楽しみです!

日本の3月11日、

こちらで10日の夜は、
7年前の震災の時間に合わせて、
お祈りしていました。

涙が、あとからあとから。

思いがいっぱいになります。


亡くなられた方々や、

心の痛みを背負って、懸命に歩んでいらっしゃるご家族を思って。

どんな小さい萌しでも、

きっと光の方向に、道が開けていきますように🌿 

これからも、ずっと、見守ってくださいと🌿  
“Love to Nippon“

 LAPD Headquarter 
ロス市警本部にて。
仏教、神道、クリスチャン、ユダヤ教の祈りが捧げられました。

アメリカは、当時、直ちに、友だち作戦で、救助や復興に駆けつけました。皆で歌い、献花、心を合わせて過ごしました。

4月7日 (土)は、ジャズボーカルの西村協とハープで、お届けします!


~Kyo & Miriam ライブ~


4月7日 (土)15:30 Open 16:00 Start
3,800円 ( スイーツ & 飲み物込み )
場所: カフェ・ド・シュロ
多摩区西生田1丁目20−1 ランドハイツ 小田急線 読売ランド前駅(北口) 徒歩2分
コンサート後のお食事は、 地元素材にこだわった、

オーガニックお野菜たっぷり、シェフ自慢のお料理です。 2000円


春の週末、カフェ貸し切りライブ、

Kyo & Miriamの世界をご一緒に、

お会いできるの楽しみにしています! 

ご予約は、miriamharp@gmail.com〈コンサートのみか、食事付きかを明記してくださいね〉


バースデーウィークということもあり、2日続けて海側に。

 この日は、ちょうど日中はあたたかくて、いいお天気。

気持ちのいい風と、ベランダでの楽しいお食事。

最近は、年齢が増えるのも楽しみ! 

また一つ、私にとって、
新しいページを歩み出したり、
出会ったり。

ここの空と海のブルー大好きです💕

 夜には大雨になったのが信じられないほど、

波音を聞きながら、

海沿いの美しいトレイル散策でした。