暮らしの中に、

きらめくハープのとき

ハープレッスン

Flowers and sweets.  
アンティークなティーカップと、テーブルのお花はカモミール。 ハープレッスンの後の楽しいお茶タイム。
ハープを奏でるということ。
ハープの持っている、本来の一番いい音色を出すことは、もちろん大事なことです。
でも、ハープの音を出すだけでなく、音楽を奏でることとは?

演奏で、もっとも大事なことは、
“コントロール” です。
どんなシンプルな曲でも(だからこそ!)
曲のイメージ、流れる旋律が、まず心の中で存在している、歌うことができる曲想です。 だからこそ、そのように表現するには、コントロールできる能力が必要だということに、気づいて始めて、考える練習ができるので。
ほぼ始めのレッスンから、この点を意識する大切さに、気づいていただきます。
だって、せっかく、すでに多方面に能力ある大人の方が、始めるのですから。 
お子さん達が、始める場合とは、違います。

この意識を持って練習されると、聴く力も養われます。 

そうすると、不思議と、ベストの音色を出す能力も、磨かれてきます。
.
.
大人で、ハープを習う場合、心の充足感は、とても大切と感じています。


ハープの魔法🙆‍♀️

ハープのある暮らし

~みりあむハープ~   暮らしの中に, ハープを取り入れる。 いくつからでも奏でられる楽器ハープの きらめくプラスの効果。 大人の方が始めるとき、人生の豊かな知恵に引き出される土台を生かす、効果的な方法や、大事なコツ。 ハープをめぐる暮らし方~♪ from カリフォルニア miriamharp.com

0コメント

  • 1000 / 1000