みりあむハープ diary

ホームページ  miriamharp.com

益子の森の中の窯元さんちのカフェに、 こんな可愛いガーデンが。

日本で演奏の時はいつも、最初の演奏の前日に空港着。 翌コンサート当日、会場でハープ搬入を待ち、楽器チェック終わり、さあランチ!

ちょっと素敵な山の道を行ったところにある、人気カフェ。 陶芸家のご家族のお宅でした。
先ずはお野菜タップリサラダ、お野菜のやさしいカレー。 そして、迷わずデザートまで直行。 (器はすべて、こちらのご家族作)

こんなに完食って、このあと演奏っしょ? って言われそう。  
(大丈夫、これぐらいのカロリー、軽く消費するほどの労働ですので)。

ほい🤸‍♂️🤣
のんびり縁側でデザート、可愛いお庭。 コンサートに、桜花枝たくさん、ご夫婦で運んで生けて下さった方。  こちらのカフェのお庭も、ひょいと勝手に、お花植えていかれるのですって。  ほぁ〜っ。

とても素敵すぎるの、益子って!

ハープコンサート後には、びっくり素敵な打ち上げパーティーがあり、その100名あまりの美味しいお食事は、このカフェからだったそうです。

陶芸家カフェのお母さま、凄すぎです!

益子の愛に圧倒されていました。

私の演奏スタイルは、聞いてくださるお客さまと、思いを共有出来る時間にと願っています。

ですから、 演奏と同じくらい、口から発する言葉は大事です。

お話している時に、湧いて来る思いや情感、そこから続けて演奏すると言っても過言ではないからです。

曲想は、その時に感じる思いを大切に。 

美しく咲きはらはらと散る桜、
朝あけの澄んだ空気や、
またたく星、月のひかり。🌙 🌟 

笑いや、心の痛みや、やさしい思い、祈り、願い、希望。 

そういう美しい感情を共有出来る、日本でのコンサートは、私にとっても、とても大事です。

そして、この度、それぞれのコンサートにいらした皆さまの、
美しい心に触れたことは、
何にも優って大きな感謝です。

私自身の心も養われているのだと、気がつきます。


(仕事で依頼されての演奏では、また少し違うアプローチ、でも心に湧くインスピレーションは、どんな演奏にとっても、大切だと思います。)


コンサートの次の日は、朝から寒いと思ったら、びっくりの雪!

翌日には晴れたのですが、降り積もった雪と寒さに耐え、さくらの健気な強さに驚きました。

大和なでしこ、強し🧚🏼‍♀️

青空に映える、美しいさくらの花々を堪能しました。

今年は開花が早かったので、今回の帰国時には、桜は見ることができないと思っていましたが、急に寒さが戻り、花がもちこたえ、待っていたかのようです。 それでも雪とは!

風に揺れる、さくらの美しいこと。
帰国中、さまざまな桜に出会えて、日本にいることを しみじみ実感しました。
桜と一緒に〜🌸

益子フォレストインでの演奏、さくらを生けて下さいました!   

初め100名ほどのコンサートと、お聞きしていましたが、行ってみたら、補助の椅子も総動員、部屋の隅々まで 170名 あまり、(スタッフの方入れて200名近く) の方々と、ご一緒した2時間となり、

心ゆくまで、ハープを奏でることができ、感謝いっぱいです。

東京や千葉方面から泊まりがけで益子に、中には北海道から来られた方々も。

そんな皆様に引き出され、演奏できた思いです。
桜の花をたくさん生けて下さいました。
東京からハープが届き、

ライオンヒーリーの Style 23 です。
コンサートの後は、素晴らしい打ち上げの 100名ほどの方々と、パーティをご用意下さり、あたたかいお心に囲まれた日になりました。 

益子の里、大好きです。 ありがとうございました💕
陶芸の里〜益子で、
ハープコンサート。

こちらも、チケット完売だそうです。

去年からお話しをいただいて、 こんな素敵なコンサートを 企画してくださいました。 感謝とともに、 「益子の森」での演奏を、心待ちにしています。

4月の半分は、日本。
今回の旅、コンサートは3回を含め、たくさんの出会いが、楽しみな帰国です💚
Lovely Girl’s day tradition💕
Kei-Ai での ひな祭りのお祝いでした。
デュオでは初めて、Yukari Blackさんと。 日本の春の歌曲を中心にハープと合わせて。 情感あふれるYukariさんの歌とお話し方、みなさん引き込まれていらっしゃいました!
春の小川、早春譜、朧月夜、春が来た、さくら、花 など。 一緒にお歌いになる、おばあちゃま何人かおられ、表情もイキイキです。

ハープソロ演奏も楽しいでした🧚🏼‍♀️

100名あまりお集まりでしたが、
みんなの目がハート😍になったのは、2人の可愛い着物姿のお嬢ちゃんたち💓 日本舞踊の演目は 「絵日傘」。

皆さま、かわいい💕かわいい💕と連呼、止まりません。 どんなに心休まり、懐かしい思いだったことでしょう。 私も、胸がいっぱいになりました。それぞれ、お祖母さま、お母さまが袖を通された着物を受け継いで。 こうして LA の地で、しっかりと伝統を身につけるって、素晴らしいです!
 (そして、この若いお母さんたちの さりげない心配りも含めて、いろいろ全て感心した私。)

全員にさくら餅が。
演奏のあと、うっとりするほど美味しくいただきました💚


レジデンスの皆さまと、元気に再会することをお約束して外に出ると、肌寒い中、そっと可憐なさくらの花が。
今日も心ゆたかな一日、感謝いっぱいです、
春は、外演奏が続きますが、今年は例年になく雨が多いので、いつもドキドキ。  カリフォルニアなのに、どうしたの?  言いたいぐらいです。

「パサデナの宝石」と呼ばれる、美しい日本庭園。  
準備の時から、心地よい春風。

What a gorgeous spring day at Storrier Stearns Japanese Garden. 

この日は、春の光に包まれたお庭、まるで夢のようでした。奏でながら幸せな一日に感謝💚
個人の邸宅ですが、本格的な茶室です。
ルノワールのライラック
明日は、野外でコンサートです。
春は、外での演奏が続きますが、
今年は例年より気温も低く、雨の日も多くて、少しハラハラ。 明日は晴れですが、少し肌寒そう。

ライラック、

ルノワールの色づかい、この絵の前で、心に広がる思いを味わうひととき、大好きです❤️
.
近くの Norton Simon 美術館に。
(一瞬ですが、雪が降ってびっくりしました。  長年住んでいて、初めてです。)
.
LA郊外 パサデナのノートンサイモン美術館は、ゴッホ、モネ始め、特に印象派のコレクションが素晴らしいのです。 その日ぴ〜んとくる絵を、ゆっくり座って、いつまでも眺められて、のんびりできるお気に入りです。 .
.
この日感じたインスピレーションを 書き留めておきました。 

心に光がスパーク。  



芝生でくつろぐ鹿さんたち。 
今日は雨でなくてよかったね。

California Oak tree の下、この鹿ファミリーのお気に入りの場所です🦌

雨はスプリンクラーの水と違って、乾燥した地を まるでアイルランドのようなグリーンに変えてくれて貴重です。

それでも、こうして明るい光の日は、嬉しくなります。

一番、ホッとしているのは、お山の動物たちかもしれません。 雨が降っている寒い中、鹿たちが、エサを求めて歩いているのを窓から見ながら、かわいそうに思っていました。

今日は日光浴できて、ゆっくり休息してね。 日曜日からまた降りそうで。

Huntington Beach オシャレな野外モール Bella Terra で、私たち Harp & Koto 野外コンサート。

えと

どうなるかしらん。

けっこうドラマチックな展開になる予感〜💦